詰将棋動画解説

詰将棋 4手詰め・67 解説

解答・解説

+ 詳しい解説はここをクリック

正解手順:△1三玉▲1四金△同玉▲2四馬までの4手詰め

▲2五香の王手がかかっています。

玉方の応手は△1三玉と2四へ合駒の2つ。そのうち合駒の変化は後述します。
△1三玉には2手目▲1四金と捨てます。
これには、3手目△同玉しかなく、4手目▲2四馬として、詰みとなります。

2四へ打てる合駒は、飛、金、銀、桂、香の5つ。(角は盤上に2枚あり、歩は二歩の禁じ手)
前に進める駒は▲同香△1三玉に、取った合駒を1四へ打って詰みます。
桂は、▲同香△1三玉に、▲2五桂と打てば逃げることができません。
もし、角や歩が打てれば詰みを逃れることができます。これを「捨合(すてあい)」といい、まれに出てくる筋ですので、頭の片隅に置いておくと役に立つかもしれません。

YouTubeチャンネルの登録はこちらからお願いします

他の問題はこちら

1手詰めリスト

2手詰めリスト

3手詰めリスト

4手詰めリスト

5手詰めリスト

7手詰めリスト

-詰将棋動画解説
-, , ,

© 2021 オンライン将棋教室 香(おんらいんしょうぎきょうしつ きょう)