次の一手・解答

次の一手問題解答・36

問題図はこちら

正解図

※便宜上先後逆
次の一手-36-2
正解は、△2二歩です。

解説

次の一手-36-3

 
正解の△2二歩は「焦点の歩」と呼ばれる手筋です。
飛と角の利きが交わるところに歩を打ち捨てることで、どちらかに限定する効果があります。
▲2二同龍なら△5五馬(図1)が絶好の馬引き。
駒損回復が見込めて振り飛車良しです。

 

次の一手-36-4

 
正解図に戻り、▲2二同馬なら△2九龍(図2)と桂を取り、これも振り飛車良しです。
図2から▲2八歩と「焦点の歩」のお返しはありますが、△同馬と取っておいて居飛車に大きく得する手段がありません。

 

次の一手-36-5

 
問題図に戻り、△2九馬や△2九龍と桂を取り返すと、馬の利きがそれるため▲5五馬(図3)の絶好手を与えます。
▲7四桂の美濃崩しがあり、この局面は形勢難解です。

 

この問題のポイントは、

  • 手筋を知っているかどうか?
  • 手筋を使った時と使わない時の違いが正しく判断できるか?

でした。

他の問題はこちら

次の一手問題-037

次の一手・問題

2020/7/8

次の一手問題・37

次の一手・問題

2020/6/10

次の一手問題・36

次の一手・問題

2020/6/1

次の一手問題・35

次の一手・問題

2020/4/27

次の一手問題・34

次の一手・問題

2020/4/20

次の一手問題・33

次の一手・問題

2020/4/11

次の一手問題・32

次の一手・問題

2020/3/30

次の一手問題・31

次の一手・問題

2020/3/24

次の一手問題・30

次の一手・問題

2020/3/19

次の一手問題・29

次の一手・問題

2020/3/16

次の一手問題・28

-次の一手・解答
-, , , , , , , ,

Copyright© オンライン将棋教室 香(おんらいんしょうぎきょうしつ きょう) , 2020 All Rights Reserved.