王将戦

第64期王将戦七番勝負第2局

渡辺明王将に郷田真隆九段が挑戦している第64期王将戦七番勝負。
第1局は113手で渡辺王将の勝ちとなりました。
防衛に向けて幸先の良い1勝です。

では、第1局を振り返りましょう。

 第64期王将戦七番勝負第1局-1

 
振り駒の結果、渡辺王将が先手になりました。
郷田九段の2手目△8四歩に対して、角換わりを選択。
今、角換わりと言えば、ほぼ腰掛け銀になりますね。
桂跳ねを消す早い▲2五歩が珍しいですが、渡辺王将はこの局面を想定していたそうです。

 第64期王将戦七番勝負第1局-2

このあたりは手順が違うものの前例のある形で、その1局がNHK杯の▲木村△森内戦なので、ご存知の方も多いでしょう。
実戦は▲同歩だったので前例と合流しました。
ただ、郷田九段は、「(端の突き捨てを)保留する方が良かった」という感想を残されています。

 第64期王将戦七番勝負第1局-3

この局面は先ほど挙げたNHK杯の前例と同一局面。NHK杯は以下、▲4八飛△7三角▲7七銀から銀桂交換となり、対局者も解説の深浦九段も後手持ちとの判断でした。
ここで、渡辺王将は新手を用意していました。
その手順は、▲5五銀左△同銀▲4七銀!
銀損して、後手を引いて、角取りに当てる。
アマチュアがやったら、きっと怪訝な顔をされることでしょう。

 第64期王将戦七番勝負第1局-4

 
新手が成功し、ここでは先手が大きく駒得をしています。
矢倉で銀損定跡というものがありますが、ここでは角銀損です。
それを取り返せるかどうか?
間違えなければという条件付きで、先手良しに見えます。

 第64期王将戦七番勝負第1局-5

 
終盤、郷田九段がずいぶんと追い詰めました。
しかし、渡辺王将は読み切り済み。
ここから、▲2三飛成と切って即詰みに打ち取りました。
アマチュア的には難解な詰み手順に感じますが、プロなら一目なのでしょう。
幸先よく先手番で1勝を挙げました。

第2局は郷田九段の先手番です。
矢倉か角換わりか。
渡辺王将の振り飛車が早くもここで出てくるかもしれません。

第64期王将戦七番勝負第2局
渡辺明(わたなべ・あきら)王将 対 郷田真隆(ごうだ・まさたか)九段
2015年1月22・23日(木・金)
9:00~
<さぎの湯荘>島根県安来市古川町478-1
立会:久保利明(くぼ・としあき)九段
副立会:畠山鎮(はたけやま・まもる)七段

棋譜中継はこちら
(無料会員登録が必要です)
毎日新聞ニュースサイト

現地イベント情報はこちら
第64期王将戦イベント情報(日本将棋連盟)

ニコニコ生放送はこちら(タイムシフトはありません)
第64期王将戦 七番勝負 第2局 初日 渡辺明王将 vs 郷田真隆九段

第64期王将戦 七番勝負 第2局 2日目 渡辺明王将 vs 郷田真隆九段

-王将戦
-, , , , , , ,

Copyright© オンライン将棋教室 香 , 2019 All Rights Reserved.