王座戦

第62期王座戦五番勝負第4局

投稿日:

羽生善治王座に豊島将之七段が挑戦している第62期王座戦五番勝負。
第3局は豊島七段が勝ちました。
シリーズ成績は豊島七段の1勝2敗となりました。

では、第3局を振り返りましょう。

第62期王座戦五番勝負第3局-1

 
後手の豊島七段が横歩取りに誘導しました。
羽生王座が横歩を取らずに相掛かりにするイメージがありませんので、受けて立つ進行は自然です。
豊島七段も予想通りだったと思われます。

第62期王座戦五番勝負第3局-2

 
▲3六歩と飛車の横利きが止まった瞬間に動くのは、横歩取りの後手番でよくある指し方。
▲3八金と△9四歩の交換がない局面は前例があるそうです。

第62期王座戦五番勝負第3局-3

羽生王座が自陣角を打って、相手の攻め駒を狙った局面。
ここで羽生王座は▲3七歩と打つ手が読みの本戦だったそうですが、それがうまくいかないと予定変更だったとのこと。
この後の展開で角があまり働いているとはいえなかったので、素人目からも不本意だったことが分かります。

第62期王座戦五番勝負第3局-4

 
ニコニコ動画で解説していた野月七段がいうには、夕休明けからの指し手は、とのこと。
感想戦では▲6五桂が有力とされ、5三の地点から殺到する筋を見せて、先手も指せるとのことでした。

第62期王座戦五番勝負第3局-5

 
玉は下段に落とせ、という格言からすると、この王手には上に逃げ出したくなるところ。
実戦も▲4六玉と逃げ出しましたが、豊島七段が▲2八玉を指摘しました。
セオリーとは逆ですが、羽生王座も「難しい」と、同意。
将棋は難しいですね。

豊島七段が1勝を返して、俄然盛り上がってきた王座戦。
次の対局も、期待が持てますね。

第62期王座戦五番勝負第4局
羽生善治(はぶ・よしはる)王座 対 豊島将之(とよしま・まさゆき)七段
2014年10月7日(火)
9:00~
<常磐ホテル>山梨県甲府市湯村2-5-21
立会:中村修(なかむら・おさむ)九段

棋譜中継はこちら
王座戦中継サイト

現地イベント情報はこちら
第62期王座戦イベント情報

ニコニコ生放送はこちら
第62期王座戦五番勝負第4局 羽生善治王座 vs 豊島将之七段

素敵なPVもあります
第62期王座戦 羽生善治王座 vs 豊島将之七段 PV

-王座戦
-, , , , , ,

Copyright© オンライン将棋教室 香 , 2019 All Rights Reserved.