王座戦

羽生善治名人が王座を防衛!

投稿日:

羽生善治王座に豊島将之七段が挑戦していた第62期王座戦五番勝負。
第5局は羽生王座が勝ちました。
シリーズ成績を3勝2敗とし、王座防衛です。

では、第5局を振り返りましょう。

第62期王座戦五番勝負第5局-1

 
振り駒の結果、先手は羽生王座になりました。
後手番の豊島七段は横歩取りを志向。
第3局で反撃の狼煙をあげた戦法に、王座奪取を懸けました。
羽生王座はほぼ避けない指し方をされるので、堂々と横歩を取りました。

第62期王座戦五番勝負第5局-2

 
横歩取りの出だしなのに、なぜか後手は美濃囲いに。
第3回電王戦以来、後手が美濃に入る指し方が増えている印象があります。
先手もここから矢倉に組み上げ、これはこれで難しい戦いに。

第62期王座戦五番勝負第5局-3

 
すっかり居飛車対振り飛車の対抗形になった盤面。
一手一手難しい中、私が印象に残ったのは、この▲2八歩。
別にすぐ打たなくてもよさそうな歩。
大盤解説会の渡辺二冠も、「歩を受けたんですか? 本当ですか?」と、言ったとか言わないとか。
真意は分かりませんが、相手に手がないと踏んだ羽生王座一流の手渡しなのだろうと感じました。

第62期王座戦五番勝負第5局-4

 
羽生王座は、この前の▲9五歩で良くなったかなという感想を残しています。
うちにあるソフトも、やはりここでは先手良し。
ところが、ここから角をタダで取らせる▲9四歩にはびっくりしました。
アマチュアには真似できません。

第62期王座戦五番勝負第5局-5

 

そして、この▲9一銀~▲9三歩~▲9四歩が、羽生王座圧巻の寄せ、に見えて、負ければ敗着となる悪手だったそうです。単に▲9三銀と捨てると、取れないので△7一玉の一手となり本譜と似たような形になる、というのが局後の感想でした。
検討の結果では悪手ながら、リアルタイムで見ていると妙な感動がありました。
このあたりが人間同士の勝負でしか味わえない部分で、観る人を惹きつけるのかな、と思いました。

羽生王座はこの獲得で、王座22期、タイトル獲得90期と、自己最高記録を更新。
もちろん、歴代1位記録の更新でもあります。
あまりに素晴らしい記録で、言葉もありません。
竜王戦では挑戦者決定戦で涙を飲みましたが、棋王戦や王将戦では挑戦の目があるとのこと。
一体、どこまでタイトル獲得の記録を伸ばすのか、とても興味がありますね。
羽生名人、王座防衛おめでとうございます!

-王座戦
-, , , ,

Copyright© オンライン将棋教室 香 , 2019 All Rights Reserved.