王座戦

中村太地六段が王座を奪取!

投稿日:

羽生善治王座に中村太地六段が挑戦していた第65期王座戦五番勝負。
第4局は80手で中村六段の勝ちとなりました。
シリーズ成績を3勝1敗とし、王座奪取となりました。

では、第4局を振り返りましょう。

第65期王座戦五番勝負第4局-1

第4局は羽生王座の先手番です。
オーソドックスな角換わりの出だしとなりました。従来の角換わりでは△4二銀と中央に使う指し方が多かったですが、最近では早めの▲4五桂を警戒して△2二銀型にすることが多くなりました。
羽生王座の駒組みは▲3七桂と攻撃的な形にしているにもかかわらず、中村太地六段は早繰り銀を目指していきました。
後手番ながら積極的に攻める姿勢が伺えますね。

 

第65期王座戦五番勝負第4局-2

攻めの銀が五段目に出ると成功と言われていますが、早繰り銀では継ぎ歩の反撃があります。
図の▲2五歩に△同歩と取ると、▲同飛で2一の桂取りと7五の銀取りになるわけですね。
ここまでは前例が2局あり、両方先手の勝ちという結果でした。
中村六段はここで△3五歩と研究の一手を披露し、難解な中盤戦へ入っていきます。

 

第65期王座戦五番勝負第4局-3

棒銀の将棋では△8六歩▲同歩△同銀▲同銀△同飛という進行がよく現れますが、実戦は最後の△同飛に代えて△4五銀と桂馬を取りました。この手で「困ってますね」と、感想戦の羽生王座。
▲4五同銀だと△8六飛から△4六飛のルートができ、飛車を大きくさばかれてしまいます。
実戦は▲4五同歩でしたが、△3六桂とシンプルに攻められて先手は駒損が避けられません。
▲2八飛と▲4八金の組み合わせが有形無形にたたってますね。

 

第65期王座戦五番勝負第4局-4

前図の△4五銀から中村六段は気持ちよく攻めていきます。
8六の銀を取り返し、7七に歩を打たせ、後手好調。22分の考慮で、さらに飛車を切っていきました。
感想戦によると中村六段は「こっちもやっていくしかないかと」思われていたそうです。
以下、△4八桂成~△4六銀と上を押さえられてみると、素人目には先手の受けが難しく見えます。

 

第65期王座戦五番勝負第4局-5

中村六段が本局最長の1時間39分の考慮時間で指した次の一手は△7一歩と受けの手でした。
攻めの棋風の中村六段だけにギャップを感じますが、今シリーズではこういう手が多い印象にあります。
感想戦によると「△8四角をやりたかった」という中村六段。
羽生王座は「何をやられるかわからなかった」とのことで、ここは実に難解な局面だったことがわかります。

 
以下、先手も反撃に出ますが、後手玉が意外に遠く、中村六段が押し切りました。

中村六段はタイトル挑戦3度目にして初の獲得となりました。
また、タイトル獲得と同時に七段への昇段も決めています。
直後のインタビューで時折涙ぐむ姿も見られ、今回に懸けていた想いが伝わってきます。

中村太地六段、王座奪取おめでとうございます!

-王座戦
-, , , ,

Copyright© オンライン将棋教室 香 , 2019 All Rights Reserved.