メディア情報

プロ編入試験第2局

投稿日:

プロ編入試験に挑戦中の今泉健司アマ。
第1局に見事勝利しました。

では、第1局を振り返りましょう。

プロ編入試験第1局-1

 
振り駒の結果、先手は宮本四段になりました。
そして、初手▲5六歩。
これは、今泉アマの得意戦法です。

プロ編入試験第1局-2

 
そして、宮本四段は左穴熊へ。
今泉アマが本に書いている戦法です。
いろいろ考えての戦型選択でしょう。
対する今泉アマがどんな駒組みをするのか注目です。

プロ編入試験第1局-3

 
今泉アマの対策は、攻めの銀を穴熊にくっつける指し方でした。
この局面だけ見ると、▲4七銀と△8二銀、▲2九桂と△3三桂の働きに差があり後手持ちという気もしますが、この仕掛けがあるので、何とも言えないところです。

プロ編入試験第1局-4

 
「馬は自陣に引け」の格言通り▲6六馬と引いた手に対して、端攻めを緩和すべく△8四歩と突いた今泉アマ。
ところが、次の▲8六歩が端攻めをより厳しくする一着で、△8四歩を逆用されてしまいました。

プロ編入試験第1局-5

 
やや先手が良さそうとの評判の難解な玉頭戦。
次の一手にはびっくりしました。
実戦は▲8七同銀。
7九の金をタダで取らせたのです。
試しにソフトに検討させてみたら、▲同銀で後手に形勢が振れました。
確かに▲同玉も気持ち悪い形。
銀で取りたくなる気持ちもわかります。
以下、壮絶なたたき合いを、今泉アマが制しました。

第2局は、超速▲3七銀で升田幸三賞を受賞した星野四段との一局です。
第1局が後手番だったので、この後は偶数局が先手番です。
今度は、今泉アマの初手▲5六歩が見られるかもしれませんね。

プロ編入試験 第2局
今泉健司(いまいずみ・けんじ)アマ 対 星野良生(ほしの・よしたか)四段
2014年10月5日(日)
10:00~

動画ページはこちら
プロ編入試験 第2局 今泉健司アマ vs 星野良生 四段

-メディア情報
-, , ,

Copyright© オンライン将棋教室 香 , 2019 All Rights Reserved.