将棋日本シリーズ

JTプロ公式戦 二回戦第三局

投稿日:

9月5日(土)に広島県で行われた、JTプロ公式戦二回戦第二局。
297手の持将棋指し直しの末、75手で渡辺明JT杯覇者の勝ちとなりました。

では、第二局を振り返りましょう。

2015JTプロ公式戦二回戦第二局-1

振り駒の結果、行方八段の先手番となりました。
渡辺JT杯覇者の2手目△8四歩に、矢倉を目指しました。
早囲いから41手目まで名人戦第5局と同一局面。その時の羽生名人は△8四銀でした。
今回の渡辺JT杯覇者は△7五歩と手を変えました。研究であることは間違いないでしょう。
どういった進行になるか興味深いところです。

 

2015JTプロ公式戦二回戦第二局-2

やはり先手が攻め、後手が受ける展開になりました。
今、行方八段が継ぎ歩をしたところ。
歩があれば、誰でも▲2四歩ですが、あいにく歩切れです。
そこで2四に打ったのは、なんと銀。
これも厳しい攻めで、歩がないと諦めた私には柔軟な思考だなぁと感じました。

 

2015JTプロ公式戦二回戦第二局-3

 
先手の攻めに対して、入玉模様で頑張った渡辺JT杯覇者。
前例の名人戦第5局も後手玉は入玉していましたね。
本局はいろいろあったものの、先手も入玉して持将棋となりました。
5分の休憩後に指し直しとなりました。

 

2015JTプロ公式戦二回戦第二局-4

先後を入れ替え指し直した将棋の戦型は、角換わりでした。
後手の行方八段が最近では珍しい早繰り銀を採用しました。
早々に6筋から動いたのに対して、▲6三歩成が手筋の一着。
△同飛で王手にになりますが、▲7九玉と引いておくと次に▲7二角があるので、後の先になっています。
細かいことをいうと、右銀の進出を遅らせている意味があります。

 

2015JTプロ公式戦二回戦第二局-5

この形では6三に叩くのが急所のようで、少し前にも叩いてあります。
右でポイントを挙げた後、タイミングよく▲6二歩成が手筋の成り捨てで、インタビューではこれがうまくいったのではと聞かれていました。
見事な攻めを決めた渡辺JT杯覇者が準決勝進出を決めました。

勝った渡辺JT杯覇者は、準決勝に名古屋市で三浦弘行九段と対局になります。

勝者コメントと棋譜はこちらから。
「二回戦第二局 中国大会」勝者・渡辺JT杯覇者のコメントを掲載!

二回戦第三局は、羽生名人と豊島七段の登場です。
棋聖戦以来の顔合わせで、今度の舞台は早指し。
どうなるか注目ですね。

将棋日本シリーズ 熊本大会 JTプロ公式戦 二回戦第三局
羽生善治(はぶ・よしはる)名人 対 豊島将之(とよしま・まさゆき)七段
2015年9月12日(土)
14:50 開演予定
グランメッセ熊本 展示ホールB
熊本県上益城郡益城町福富1010

解説:井上慶太(いのうえ・けいた)九段
聞き手:香川愛生(かがわ・まなお)女流王将
読み上げ:飯野愛(いいの・あい)女流1級

棋譜中継はこちら
将棋日本シリーズ公式ホームページ

-将棋日本シリーズ
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© オンライン将棋教室 香 , 2019 All Rights Reserved.