将棋日本シリーズ

2014年度JT杯覇者は渡辺二冠!

11月16日(日)に将棋日本シリーズJTプロ公式戦の決勝戦が行われ、102手で渡辺二冠が勝ちました。
渡辺二冠は意外にもこの棋戦初優勝です。

では、決勝戦を振り返りましょう。

2014将棋日本シリーズ決勝戦-1

 
振り駒の結果、羽生名人の先手になりました。
渡辺二冠の2手目△8四歩に対して、矢倉を目指しました。
解説の藤井九段がおっしゃる通り、「2人の将棋はそのまま定跡になります」
とくに矢倉ではその印象が強く感じます。

2014将棋日本シリーズ決勝戦-2

 
先手が▲4六銀・▲3七桂型を目指したのに対して、△4五歩と反発するのが最近見直された指し方です。
電王戦タッグマッチ2014でこの筋が登場し、それを解説していた渡辺二冠がA級順位戦で採用し、勝ったのは記憶に新しいところですね。

2014将棋日本シリーズ決勝戦-3

局後の感想によると、この△7三桂あたりは事前の研究通りとのこと。
羽生名人が短い時間で出した答えは▲6八銀。
事前に桂跳ねの当たりを避け中央を厚くする手です。
ところがこれがあまり良くなかったといいます。
代わる手は示されていませんでしたが、ここからの進行を考えるとここが分岐点だったようです。

2014将棋日本シリーズ決勝戦-4

 
△8五桂で後手の駒が全軍躍動しました。
形勢云々は分かりませんが、はっきり後手をもって指したい局面です。
駒の働きが明らかに後手が良く、先手の攻め駒に力がありません。

2014将棋日本シリーズ決勝戦-5

 
後手は4九に打った角を飛車に換え、拾った香車を7七に打ち込みました。
得した駒で攻め、相手には大した攻めがない。
アマチュアでもずいぶんと後手が勝ちやすい将棋でしょう。
羽生名人相手に完勝と言ってもいい内容で、渡辺二冠の優勝が決まりました。

今まで優勝がないことが不思議に思えるほどの実績を持っている渡辺二冠。
初優勝、おめでとうございます!

-将棋日本シリーズ
-, , , ,

Copyright© オンライン将棋教室 香 , 2019 All Rights Reserved.