棋聖戦

羽生善治三冠が棋聖を防衛!

羽生善治棋聖に永瀬拓矢六段が挑戦していた第87期棋聖戦五番勝負。
第5局は112手で羽生棋聖の勝ちとなりました。
シリーズ成績を3勝2敗とし、棋聖を防衛しました。

では、第5局を振り返りましょう。
 

第87期棋聖戦五番勝負第5局-1

第5局は改めて振り駒が行われ、永瀬六段の先手番となりました。
羽生棋聖の2手目△8四歩に、永瀬六段は▲2六歩と角換わりを指向します。
6手目の△9四歩がちょっとした駆け引きで、本譜は端歩の突き合いが入ったので、1手損角換わりになりました。カド番になると羽生棋聖は1手損角換わりを採用する印象があります。

 

第87期棋聖戦五番勝負第5局-2

一手損角換わりに対して、先手の永瀬六段は玉の位置をなかなか決めません。相手の形を見てから移動しようという狙いです。
羽生棋聖もそれを踏まえたうえで飛車側の形を決めずに指しているようです。
4筋の位に反発して小競り合いが始まり、後手が一歩持つ展開になりました。

 

第87期棋聖戦五番勝負第5局-3

永瀬六段の構想は、一度▲6八玉と上がった玉を、▲5八玉から右側へお引越しするものでした。
図は4八の金を5七に上がったところです。これに代えて▲4九玉と移動するのは、その瞬間に△6九角の筋があるため先手危険。この変化は4筋の歩を交換したことが後手にとって利のあるものになっています。
手順は難しいものの、先手は右玉の構想を実現していきます。

 

第87期棋聖戦五番勝負第5局-4

「あまりゆっくりできない(羽生棋聖)」後手は、8筋の歩交換から、先手の玉頭で手を作ります。
4筋の位を取られた先手は▲4五桂とタダ捨て。これは△同銀なら▲4六銀で取り返せるという読みです。
そこで、後手も△6五桂とお互いに桂馬を中央に跳ね出し、本格的な戦いになだれ込みました。
ただ、先手の桂馬は玉側のもの、後手のそれは飛車側のもので、この跳ね合いはやや後手に利があると見たいです。

 

第87期棋聖戦五番勝負第5局-5

手持ちの角を△8四角と手放して、決めに出た羽生棋聖。永瀬六段の懸命の受けにも、△6八金と強引にこじ開けに行きます。この筋で使えないのなら持ち駒のままのほうが良いわけですから、絶対に△6六角へ飛び出すんだ、という強い意志を感じる組み立てです。
うちのソフトは△6八金に代えて△4四歩を示しており、こちらは角と銀桂の2枚換えを狙い、さらに△8七飛成があるという組み立てで、こちらもなるほど有力です。
以下、受けに定評のある永瀬六段の強靭な粘りを振り切り、羽生棋聖が勝ち切りました。

 
7期ぶりのフルセットでとても盛り上がったシリーズでした。
この防衛で9連覇となり、歴代最多連覇数を更新中です。
また、棋聖獲得数を15とし、大山康晴十五世名人と中原誠十六世名人の持つ最多獲得期数16へ、あと1期としました。
羽生棋聖は王位戦の防衛戦も並行しており、また秋から王座戦の防衛戦も控えています。

羽生善治三冠、棋聖防衛おめでとうございます!

-棋聖戦
-, , , ,

Copyright© オンライン将棋教室 香 , 2019 All Rights Reserved.