棋聖戦

第87期棋聖戦五番勝負第2局

投稿日:

将棋羽生善治棋聖に永瀬拓矢六段が挑戦している第87期棋聖戦五番勝負。
第1局は千日手指し直しの末、永瀬六段の勝ちとなりました。

では、第1局を振り返りましょう。

第87期棋聖戦五番勝負第1局-1

振り駒の結果、羽生棋聖の先手番となりました。
後手の永瀬六段が横歩取りに誘導し、羽生棋聖も逃げずに横歩を取りました。
端歩の形を除けば名人戦第4局と同じ形で、その将棋は△2四飛とぶつけていて先手勝ち。永瀬六段はここで△7七角成~△3三桂と攻め駒の働きを良くする指し方を選びます。
前例は2局あるそうです。

 

第87期棋聖戦五番勝負第1局-2

後手が桂得を果たし、さらにもう一枚取ることができて、単純に考えると後手良しの将棋でした。
しかし、歩切れや玉形の差で後手が勝ち切るのも大変という見方もできます。
駒損した羽生棋聖はもちろん、永瀬六段も千日手やむなしということで、指し直しとなりました。

 

第87期棋聖戦五番勝負第1局-3

先後を入れ替えて指し直し局。
戦型は矢倉になりました。
局後のインタビューによると、「藤井矢倉は予定。(新手の▲3五歩について)その局面になったら指してみようと思っていた手」という旨のコメントをされていた永瀬六段。研究の深さを感じました。
対する羽生棋聖は「本譜は最悪でした」と、新手の▲3五歩の応接について局後のインタビューでおっしゃっています。

 

第87期棋聖戦五番勝負第1局-4

お互いに棒銀+角の打ち込みで攻め合いの様相を呈している中盤戦。
△3九角は決断の一手で、▲3八飛で駒損が確定してしまいます。
局後のインタビューによるとこの辺りは「全然ダメだと思っていました」と、羽生棋聖。やはり▲3五歩の対応を間違えて仕方なく打った△3九角と見て良いでしょう。
駒得した永瀬六段がリードを奪いました。

 

第87期棋聖戦五番勝負第1局-5

局面は先手が指しやすい終盤戦です。
指しやすいと言っても、先手の玉が相当薄いのでリードはそれほどでもないと感じます。うちのソフトはこの辺り後手がずいぶんと差を縮めたという判断をしています。
次の一手は△7五金でしたが、感想戦では△8五銀が調べられ、羽生棋聖は「このほうがよかったかもしれないですけど、手が続かない」との感想を残しています。
うちのソフトも△7五金よりは△8五銀のほうが良いという評価値でしたが、逆転に至るというほどではありませんでした。
以下、手堅い指し回しで永瀬六段が勝ち切り、タイトル戦初勝利を挙げました。

 
千日手がありましたが、「一局完結方式」のため、第2局は永瀬六段の先手となります。
羽生棋聖はこのところ横歩取りで連敗を喫しているので、2手目△8四歩から矢倉か角換わりを目指すような気がします。永瀬六段も新研究を用意していると思われるので、いずれにせよ定跡の最先端の戦いになると予想します。
 
 
第87期棋聖戦五番勝負第2局
羽生善治(はぶ・よしはる)棋聖 対 永瀬拓矢(ながせ・たくや)六段
2016年6月18日(土)
9:00~
<ホテルフォレスタ>愛知県豊田市岩倉町一本松1-1
立会:石田和雄(いしだ・かずお)九段
副立会:飯島栄治(いいじま・えいじ)七段

棋譜中継はこちら
棋聖戦中継サイト

現地イベント情報はこちら
第87期棋聖戦イベント情報(日本将棋連盟)

ニコニコ生放送はこちら
第87期棋聖戦 五番勝負 第2局 羽生善治棋聖 vs 永瀬拓矢六段
解説:阿部光瑠(あべ・こうる)六段
聞き手:中村桃子(なかむら・ももこ)女流初段

-棋聖戦
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© オンライン将棋教室 香 , 2019 All Rights Reserved.