棋聖戦

第85期棋聖戦五番勝負第3局

投稿日:

羽生善治棋聖に森内俊之竜王が挑戦する、第85期棋聖戦五番勝負。
第2局も羽生棋聖が勝ち、シリーズ成績を2連勝としました。

では、第2局を振り返りましょう。

第85期棋聖戦五番勝負第2局-1

 
先手番となった羽生棋聖は、△8四歩を見て、矢倉を目指しました。
4手目の△6二銀が、珍しい手。
少数派ながらある手で、よくあるのは△3四歩ですね。

第85期棋聖戦五番勝負第2局-2

 
よくあるのは▲4六銀~▲3七桂。
△5三銀を早く上がることで、これをけん制しています。
不思議なのが、1999年に発売された森下九段の本によると、この局面で▲6五歩と突いて先手良しと書かれています。
その後の研究で、解決されたのでしょうか?

第85期棋聖戦五番勝負第2局-3

 
▲3七桂とするのがよくある進行ですが、羽生棋聖曰く、今日はこれで。

第85期棋聖戦五番勝負第2局-4

 
左側に厚みを築いた羽生棋聖ですが、右側を攻められてしまいます。

攻め駒を呼び込むだけに怖いところ。
受けの強い、森内竜王らしい組み立てですね。

第85期棋聖戦五番勝負第2局-5

後手が優勢のまま突入した終盤戦。
森内竜王の受けに苦戦しながらがら、攻めを繰り出し続ける羽生棋聖。
この▲4六歩に対して、△同金と取ったのが敗着となりました。
ここは、金をおとりに入玉を目指せば良かったそうです。
難解な終盤戦で、このあたり、森内竜王は1分将棋。
羽生棋聖の試合巧者ぶりが際立ちました。

カド番に追い込まれた森内竜王。
次局は先手番で、まずは一つ返したいところ。
ここで終わる森内竜王ではありません。
巻き返しを期待しましょう。

第85期棋聖戦五番勝負第3局
羽生善治(はぶ・よしはる)棋聖 対 森内俊之(もりうち・としゆき)竜王
2014年7月5日(土)
9:00~
<沼津倶楽部>静岡県沼津市千本郷林1907
立会:石田和雄(いしだ・かずお)九段
副立会:木村一基(きむら・かずき)八段
記録係:吉田正和(よしだ・まさかず)五段

棋譜中継はこちら
棋聖戦中継サイト

現地イベント情報はこちら
第85期棋聖戦イベント情報

ニコニコ生放送はこちら。(タイムシフト対応・7日間まで)
第85期棋聖戦 五番勝負第3局 羽生善治棋聖 vs 森内俊之竜王

-棋聖戦
-, , , , , , ,

Copyright© オンライン将棋教室 香 , 2019 All Rights Reserved.