王座戦

第62期王座戦五番勝負第3局

羽生善治王座に豊島将之七段が挑戦している第62期の王座戦五番勝負。
第2局は羽生王座が勝ちました。
シリーズ成績は羽生王座の2連勝となりました。

では、第2局を振り返りましょう。

 第62期王座戦五番勝負第2局-1

 
第2局は豊島七段の先手でした。
羽生王座の2手目△8四歩に対して、豊島七段は角換わりを目指しました。

 第62期王座戦五番勝負第2局-2

 
角換わりという戦型は、手損よりいかにいい形で仕掛けられるかがポイント。
この局面は先手が手待ちをして、△1二香が入っています。
それがない形は実戦例があるそうで、その形勢は後手まずまず。
じゃあ、これは?という、興味のある一戦となりました。

 第62期王座戦五番勝負第2局-3

 
羽生王座が桂馬を取りながら飛車をぶつけた局面。
ここで豊島七段は▲4六歩と我慢しました。
感想戦によると、飛車交換しても難しい戦いとのこと。
NHK杯でも飛車交換を我慢した局面があり、深い読みに基づく一手なのでしょう。
素人目には、交換してから考えそうです。

 第62期王座戦五番勝負第2局-4

 
手駒の銀を手放してまで桂馬を取りに行ったのは、▲2四桂を打ちたかったから。△6九銀に対して実戦は▲3二桂成でしたが、▲1二桂成と香を取る手も有力だったそうです。
△1二香をとがめるという意味では、香車を取る手もやってみたいところですね。

 第62期王座戦五番勝負第2局-5

 
難解な終盤が続く中、後手の羽生王座が△6七金と打ち込みました。
アマチュアが好きそうな手ですが、これを見た豊島七段は、少しまずいですかとの感想を残しています。
筋の良い手と俗手を巧みに使い分ける羽生王座の寄せが光りました。

早くもカド番に追い込まれた豊島七段。
このまま終わるとは思えません。
巻き返しに期待しましょう。

第62期王座戦五番勝負第3局
羽生善治(はぶ・よしはる)王座 対 豊島将之(とよしま・まさゆき)七段
2014年9月30日(火)
9:00~
<茶寮宗園>宮城県仙台市太白区秋保町湯元字釜土東1
立会:島朗(しま・あきら)九段

棋譜中継はこちら
王座戦中継サイト

現地イベント情報はこちら
第62期王座戦イベント情報

ニコニコ生放送はこちら
第62期王座戦五番勝負第3局 羽生善治王座 vs 豊島将之七段

素敵なPVもあります
第62期王座戦 羽生善治王座 vs 豊島将之七段 PV

-王座戦
-, , , , , ,

Copyright© オンライン将棋教室 香 , 2019 All Rights Reserved.