王座戦

第62期王座戦五番勝負第5局

投稿日:

羽生善治王座に豊島将之七段が挑戦している第62期王座戦五番勝負。
第4局は、豊島七段が勝ちました。
シリーズ成績を2勝2敗とし、いよいよ最終局です。

では、第4局を振り返りましょう。

1第62期王座戦五番勝負第4局-1

 
カド番の豊島七段が先手番で選んだ戦法は、中飛車。
さすがの羽生王座も意表を突かれたのではないでしょうか。
これには、振り飛車ファン歓喜でしょう。

第62期王座戦五番勝負第4局-2

 
羽生王座の対策は、△6三銀型急戦でした。
羽生王座の中飛車対策は、持久戦より2枚銀で押えこみに行く方が多い印象があります。
この△6三銀~△7四銀と出る指し方は、△8五歩を決めないほうが良く、後手番を活かした指し方と言えます。

第62期王座戦五番勝負第4局-3

飛車先が伸びていないことを活かした指し方を続けた羽生王座。
8四の歩を取らせて指すのもその方針に沿ったものでいいかと思われましたが、この後の展開を考えると△8五歩と逃げておいたほうが良かったとのこと。
方針を一貫させるほうが良いと教えられますが、それだけではうまくいかないのが将棋の難しいところですね。

第62期王座戦五番勝負第4局-4

 
先手は駒損ながら飛車交換を果たし、次に▲7三歩成とできれば駒損を取り返せる形。
後手は遊んでいる角をさばくべく△5五銀と出ましたが、構わず▲7三歩成とされて、形勢はわずかに先手に振れたようです。

第62期王座戦五番勝負第4局-5

急所のラインにいる馬に対して、がっちり銀を打ち付けた豊島七段。
手駒を使っては攻めが遅くなりますが、この場合は▲5二歩から”と金”で攻められるので問題なし、という判断です。
以下、羽生王座も頑張りますが、ダイアモンド型の美濃囲いが堅すぎて逆転には至りませんでした。

羽生王座の2連勝スタートに、2連勝で返した豊島七段。
泣いても笑っても次が最後。
最終局も密度の濃い対局を期待しています。

第62期王座戦五番勝負第5局
羽生善治(はぶ・よしはる)王座 対 豊島将之(とよしま・まさゆき)七段
2014年10月23日(木)
9:00~
<横浜ロイヤルパークホテル>神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1-3
立会:塚田泰明(つかだ・やすあき)九段
記録係:杉本和陽(すぎもと・かずお)三段

棋譜中継はこちら
王座戦中継サイト

現地イベント情報はこちら
第62期王座戦イベント情報

ニコニコ生放送はこちら
第62期王座戦五番勝負第5局 羽生善治王座 vs 豊島将之七段

素敵なPVもあります
第62期王座戦 羽生善治王座 vs 豊島将之七段 PV

-王座戦
-, , , , , , ,

Copyright© オンライン将棋教室 香 , 2019 All Rights Reserved.