女流王位戦

第28期女流王位戦五番勝負第2局

里見香奈女流王位に伊藤沙恵女流二段が挑戦している第28期女流王位戦五番勝負。
第1局は97手で里見女流王位の勝ちとなりました。

では、第1局を振り返りましょう。

第28期女流王位戦五番勝負第1局-1

振り駒の結果、里見女流王位の先手番となりました。
石田流を目指す3手目▲7五歩に伊藤女流二段の選択は△1四歩でした。4手目で端歩を打診することで、その応手によって居飛車振り飛車を使い分けようとする狙いがあります。
本譜は端歩を受けなかったので、1筋の位を取って居飛車持久戦になりました。
石田流の左銀といえば▲5六銀から攻めに使う印象がありますが、図の▲5六歩は別の狙いがあります。

 

第28期女流王位戦五番勝負第1局-2

前図の▲5六歩は、角を転換する狙いでした。振り飛車における▲4六角のラインはとても有効になることが多いです。
後手も飛車を使うべく△8四歩と突き出しました。とても自然な一手に見えるのですが、うちのソフトは△8四歩に代えて△5二飛を指摘しています。言われてみればなるほどの一手で、▲4六角のラインを避けつつ、相手の位に働きかけ、とても効率が良いです。

 

第28期女流王位戦五番勝負第1局-3

先手は5筋の位を取ったので、左銀を▲5六銀~▲6五銀と活用していきました。この図を見ると、先手の駒はすべて働いていますね。
後手は強気に△3三桂と跳ね、将来1筋からの端攻めを狙います。6筋方面で駒が入ると一気に迫力を増しますね。
感想戦によると△3三桂に代えて△6四歩と一回受けたほうが良かったそうで、▲5六銀と引かせてから△3三桂と跳ねたほうが先手の攻めが緩やかになります。
本譜は図から▲7四歩と開戦しました。

 

第28期女流王位戦五番勝負第1局-4

先手は銀を取り、後手は取り返すところですが、その手段は2つ。どうやら△同飛と飛車で取ったほうが良かったそうです。
6一の金が離れているので飛車交換はまずそうですが、逆に言えば飛車の打ち込みを消しているので、損得は微妙です。
感想戦では離れ駒をうまくとがめる手段が見つからなかったようです。
本譜は△同歩と取りました。
続く▲6六飛が飛車の働きを良くする好手段で、こうなってみると飛と桂の働きは先手の方が良くなり、リードを奪ったと見ることができます。

 

第28期女流王位戦五番勝負第1局-5

リードを奪われた後手は1筋から懸命に取り返そうとします。しかし、▲6六飛と△8四飛の働きに差があり、やや辛い展開です。
先手としてはここをしのげば楽しみが多いので、我慢のし甲斐があります。
「玉の早逃げ八手の得あり」の格言にそった▲2八玉が好手で、先手陣の左側に逃げ込む形を作っておけばしばらくは安全です。

以下、伊藤女流二段の追い込みをかわして、里見女流王位の勝ちとなりました。

初戦から熱戦で楽しみなシリーズになりそうですね。
展開次第ですが、第2局も戦型は対抗形になると予想します。
 
 
第28期女流王位戦五番勝負 第2局
里見香奈(さとみ・かな)女流王位 対 伊藤沙恵(いとう・さえ)女流二段
2017年5月12日(金)
<朝里川温泉 小樽朝里クラッセホテル>北海道小樽市朝里川温泉2丁目676
立会:木村一基(きむら・かずき)八段
記録係:相川春香(あいかわ・はるか)女流初段

棋譜中継はこちら
女流王位戦中継サイト

現地イベント情報はこちら
第28期女流王位戦イベント情報(日本将棋連盟)

-女流王位戦
-, , , , , , , , , ,

Copyright© オンライン将棋教室 香 , 2019 All Rights Reserved.