倉敷藤花戦

甲斐智美女流二冠が倉敷藤花を防衛!

投稿日:

甲斐智美倉敷藤花に山田久美女流四段が挑戦していた第22期倉敷藤花戦三番勝負。
第2局は山田女流四段が、第3局は甲斐倉敷藤花が勝ちました。
シリーズ成績は2勝1敗で甲斐倉敷藤花が防衛となりました。

では、第2・3局を振り返りましょう。

第22期倉敷藤花戦三番勝負第2局-1

 
第2局は山田女流四段の先手。
▲2六歩~▲2五歩と飛車先を決めたのに対して、甲斐倉敷藤花の選択は右四間飛車。
振り飛車党というイメージが強いですが、タイトル戦でも時折居飛車を指しています。

第22期倉敷藤花戦三番勝負第2局-2

 
激しい戦いになり、どこから手を付けるかによって形勢が分かれそうな局面です。
実戦は▲5四歩と手筋の突き捨てでしたが、これはあまり良くなかったよう。
しかし、その後の▲2五歩を間に合わせた山田女流四段が勝ちました。

第22期倉敷藤花戦三番勝負第3局-1

 
翌日の第3局は振り駒が行われ、甲斐倉敷藤花の先手となりました。
そして、3手目▲2六歩と早々に居飛車を明示しました。
タイトルのかかる一局に、敢えて居飛車で行った甲斐倉敷藤花の心中はいかに?

第22期倉敷藤花戦三番勝負第3局-2

 
対する山田女流四段は、銀冠を目指しました。
準決勝の対本田小百合女流三段戦でも、似たような進行だったそうです。
この指し方は伊藤沙恵女流初段が得意にしている印象があります。

第22期倉敷藤花戦三番勝負第3局-3

先手の▲3七桂が機敏な一手で、谷川九段も「後手が嫌な形」と、おっしゃっています。
そして、▲5九金と師匠の名がつく中原囲いのような構えにして攻めかかっていきました。
ここで△7五歩と攻め合いに行きましたが、以下の進行を見ると、先手の攻めのほうが効果的だったようです。
それほど、先手の駒組みが巧妙だった、と言えそうです。

第3局を制し、倉敷藤花のタイトルを初防衛された甲斐女流二冠。
このタイトル獲得により通算獲得数が7期となり、規定により女流五段への昇段を決めました。

第3局終了後に行われた記者会見の模様がYouTubeで公開されています。
第22期大山名人杯倉敷藤花戦第3局後 甲斐智美倉敷藤花 記者会見

甲斐女流二冠、防衛おめでとうございます!

-倉敷藤花戦
-, , , , ,

Copyright© オンライン将棋教室 香 , 2019 All Rights Reserved.