倉敷藤花戦

第23期倉敷藤花戦三番勝負第2・3局

投稿日:

甲斐智美倉敷藤花に里見香奈女流三冠が挑戦している第23期倉敷藤花戦三番勝負。
第1局は119手里見女流三冠の勝ちとなりました。
奪取まであと1勝です。

では、第1局を振り返りましょう。

第23期倉敷藤花戦三番勝負第1局-1

振り駒の結果、里見女流三冠の先手番となりました。
3手目の▲2六歩で居飛車を明示したのに対して、甲斐倉敷藤花は△5四歩とゴキゲン中飛車を目指しました。
銀対抗形はよく見られる形ですが、△7二銀を急いだのが甲斐倉敷藤花の工夫です。
先手の狙う▲4五銀や▲4五桂を囲いの銀を△5四銀と出て防ぐ含みがあるという意味だそうです。

 

第23期倉敷藤花戦三番勝負第1局-2

先手は早い▲2四歩の突き捨てから▲3七桂と攻撃態勢を整えました。
振り飛車としては△8二玉を入れて戦いにしたいところですが、甲斐倉敷藤花はその余裕なしと判断されたようで、△5六歩と突っかけました。
かなりリスクの高い仕掛けで、△5六同飛には▲5五歩と退路を断つ指し方が見えているからです。

 

第23期倉敷藤花戦三番勝負第1局-3

前述の筋もありましたが、里見女流三冠の選択は▲6六銀からの押えこみでした。
▲5四歩で飛車を近づけてから▲5五銀左とぶつけて、先手好調のようです。
ここで△5五同飛と切ったのが局面のバランスと保つ手で、4五の桂馬が取れるので2枚換えになり、後手が駒得になります。
図で△5五同銀~△5一飛では、▲5三銀以下攻められて後手が苦しいという感想が残っています。

 

第23期倉敷藤花戦三番勝負第1局-4

 
後手が小駒で攻めをつないでくる手に対して、放たれた▲4九香。
4六の銀に当てつつ、逃げたら▲4三香成~▲4四馬の活用を見せ、とても味の良い下段の香打ちです。
4筋に歩が利かないのがミソで、個人的にはこの手に触れないわけにはいきません(笑)

 

第23期倉敷藤花戦三番勝負第1局-5

 
細い攻めをつなごうと頑張る後手。
しかし、手番を握るためとはいえ、△3一金打と手放すようでは辛いものがあります。
先手優勢の終盤戦です。
この後、手数はかかりましたが、危なげない指し回しで里見女流三冠の勝ちとなりました。

 
第2局は11月23日に行われ、1勝1敗になった場合は翌24日に第3局が行われます。
甲斐倉敷藤花は早くもカド番。
先手番で何を用意してくるのか?そして第3局の準備もあります。
対する里見女流三冠の準備はいかに?

戦型予想は難しいながら対抗形を、第3局があれば相振り飛車もあるかな、と予想します。
 
 
第23期倉敷藤花戦三番勝負第2局
甲斐智美(かい・ともみ)倉敷藤花 対 里見香奈(さとみ・かな)女流三冠
2015年11月23日(月・祝)
10:00~
<倉敷市芸文館>岡山県倉敷市中央1-18-1
立会:村田智穂(むらた・ちほ)女流二段

第3局
2015年11月24日(火)
10:00~
第2局と同じ会場です。

棋譜中継はこちら
倉敷藤花戦中継サイト

-倉敷藤花戦
-, , , , , ,

Copyright© オンライン将棋教室 香 , 2019 All Rights Reserved.