挨拶【あいさつ】

< Back

読み方:あいさつ

(1)一般的な意味で使われるもの。
「おはようございます」「こんにちは」「こんばんは」「失礼します」など。
将棋を指す時に使う挨拶は、「お願いします」「ありがとうございました」「負けました」「ありません」などがあります。

(2)将棋用語としての挨拶とは、相手の指し手に対して素直に応じることを意味します。
素直に応じることを「挨拶をする」、何もしなかったり、別のことをした場合は「挨拶をしない」「手抜き」と言われます。
端歩(1・9筋の歩)でよく使われています。
対義語:手抜き

将棋用語としての挨拶の例

角換わりの実戦を例に挙げます。
図1は、後手が△1四歩と端歩を突きました。
これに対して、▲1六歩(図2)と受けると、「挨拶する」と表現されます。

図3は、先手から▲9六歩と端歩を突きました。
これに対して、後手は△6三銀(図4)と指しました。
△9四歩ではなく別の手を指したので、「挨拶をしない」とか「端を手抜いた」などと表現されます。

-あ行

Copyright© オンライン将棋教室 香(おんらいんしょうぎきょうしつ きょう) , 2020 All Rights Reserved.