上がる【あがる】

< Back

読み方:あがる
対義語:下がる

上がるとは、駒を前方向に進めること。
歩の場合は「突く(つく)」、桂馬の場合は「跳ねる(はねる)」と言われることが多いです。
符号でも「上」と付けるケースがあり、これも「あがる」と読みます。
似たようなものとして、符号に「直(すぐ)」と付くケースもあり、こちらは「上がる」より限定的な使い方をします。

上がるの例

図1は四間飛車の将棋で、△8五歩と突かれた局面。
ここで▲7七角(図2)と「上がる」のが定跡の受け方です。

-あ行

Copyright© オンライン将棋教室 香(おんらいんしょうぎきょうしつ きょう) , 2020 All Rights Reserved.