王将戦

第64期王将戦七番勝負第7局

渡辺明王将に郷田真隆九段が挑戦している第64期王将戦七番勝負。
第6局は149手で郷田九段の勝ちとなりました。
シリーズ成績を3勝3敗とし、決着は最終局に持ち越されました。

では、第6局を振り返りましょう。

第64期王将戦七番勝負第6局-1

本局の先手番は郷田九段。2手目△8四歩に対して、矢倉ではなく、角換わりへ。
そして、手順は違うものの、第5局と交流しました。
棋王戦第3局の羽生名人は、△7五歩。
王将戦第5局の郷田九段は、△6三歩。
そして、本局の渡辺王将は、△4三金左でした。

第64期王将戦七番勝負第6局-2

 
渡辺王将の新手△4三金左に反応し、2筋に継ぎ歩と垂れ歩と手筋の攻めを見せた郷田九段。
後の手が難しいかと思われたところで、▲9五歩と自玉の近くから戦いを起こしました。
感想戦で「あんまり成立しない筋」と、渡辺王将がおっしゃってる通り、意表の組み立てだったようです。

第64期王将戦七番勝負第6局-3

 
好位置の角をどかすために香車を打った渡辺王将。そのマス目は、桂馬の利きである6三でした。
6一から打つと、▲6二歩と吊り上げられ、タイミング良く▲5一角と打たれると決まるとのこと。
「近づけて打つのは変なんですけど」と、渡辺王将の感想が残っています。

第64期王将戦七番勝負第6局-4

 
2筋の歩を成って、寄せに出た郷田九段。
ところが意外と寄らず、手を焼くことになりました。
ソフトだとこの後、先手が良くなるという判断になります。
プロが読めていない寄せの手順が分かっているのか、それとも中段玉が苦手なのかは謎です。

第64期王将戦七番勝負第6局-5

後手玉を捕まえられるかどうかが焦点の局面。
そこに飛び出た▲2九銀。
そして、△同玉。
この2手で形勢が大きく振れました。
▲2九銀を△同桂成と取れば、後手良し。
感想戦で指摘された対局者のお二人は、単純なこの手をどうやら気付いていなかったようです。
▲2九銀に代えて、▲2八飛から寄せるほうが明快に先手良しでした。

ドラマはありましたが、郷田九段が勝って、3勝3敗で最終局を迎えることになりました。
昨年に続き、フルセットの王将戦。
ファンとしてはたまらない展開です。
最終局の戦型は?タイトルの行方は?
注目の一局をお見逃しなく!

第64期王将戦七番勝負第7局
渡辺明(わたなべ・あきら)王将 対 郷田真隆(ごうだ・まさたか)九段
2015年3月26・27日(木・金)
9:00~
<弘前市民会館>青森県弘前市大字下白銀町1-6
立会:先崎学(せんざき・まなぶ)九段
副立会:真田圭一(さなだ・けいいち)七段

棋譜中継はこちら
(無料会員登録が必要です)
毎日新聞ニュースサイト

現地イベント情報はこちら
第64期王将戦イベント情報(日本将棋連盟)

ニコニコ生放送はこちら(タイムシフトはありません)
第64期王将戦 七番勝負 第7局 初日 渡辺明王将 vs 郷田真隆九段
解説:及川拓馬(おいかわ・たくま)六段
聞き手:安食総子(あじき・ふさこ)女流初段

第64期王将戦 七番勝負 第7局 2日目 渡辺明王将 vs 郷田真隆九段

-王将戦
-, , , , , , , , ,

Copyright© オンライン将棋教室 香 , 2019 All Rights Reserved.