王位戦

第55期王位戦七番勝負第2局

羽生善治王位(名人・王座・棋聖)に木村一基八段が挑戦している第55期王位戦七番勝負。
第1局は、木村八段が勝ちました。

では、第1局を振り返りましょう。

第55期王位戦七番勝負第1局-1

 
振り駒の結果、先手番になった羽生王位。
木村八段の2手目△8四歩に対して、矢倉を目指しました。

第55期王位戦七番勝負第1局-2

 
よくある定跡形は▲4六銀・▲3七桂の形ですが、今日の羽生王位は雀刺しに。
棋聖戦でも先手をもって指されています。
その時は、途中まで形勢があまり思わしくなかったので、もう一回やってみようということでしょう。

第55期王位戦七番勝負第1局-3

▲9六歩と懐を広げて様子を見た形に対して、△9五歩が新手。
部分的にはある手ですが、この形ではどうか?
△9五香▲9七歩の形は、後手だけに一歩を持たせて損のようですが、
1・先手が一歩を持つ
2・角の利きが9五からそれる
と、▲9六歩から香車を取りに行けるので、後手の手に制限を与えている、という意味があります。
実戦は、そのどちらかを実現するべく、動いていきます。

第55期王位戦七番勝負第1局-4

ところが、動いても動いても、なかなかうまくいかなかった印象のある進行になりました。
△5八歩が手筋の垂れ歩。
取ると△6九銀の割り打ち。放置は△5九銀で大駒の両取りです。
以下の進行を考えると、取って、△6九銀のコースのほうが良かった、と感想戦では調べられたようです。

第55期王位戦七番勝負第1局-5

さすがに、横から2枚飛車で攻められては、矢倉の堅陣も持ちません。
▲5七角と受けた手に対して、△6九銀が矢倉崩しの手筋。
竜当たりの瞬間だけに、少々考えにくいところ。
しかし、水面下の変化で△9七香成が寄せをつなぐ好手となり、端の形を活かしきっている一手と言えます。

シリーズを先勝で飾った木村八段。
連勝を8に伸ばし、数字の上でも好調をキープしていることがうかがえます。
一方、敗れた羽生王位は、今期負けなしの連勝が11でストップ。
11連勝のうち、名人戦・棋聖戦の7勝も含まれますので、単に数字の大小だけでは測れない価値がありますね。

次局は、羽生王位の後手番となります。
2日制のタイトル戦では、横歩取りの採用が少ない印象があるので、戦型は急戦矢倉と予想します。
木村八段も、矢倉は避ける理由がないでしょうから。

第55期王位戦七番勝負第2局
羽生善治王位 対 木村一基八段
2014年7月23・24日(水・木)
9:00~
<渭水苑>徳島県徳島市沖浜東1-54
立会:福崎文吾(ふくさき・ぶんご)九段
副立会:武市三郎(たけいち・さぶろう)七段
大盤聞き手:長谷川優貴(はせがわ・ゆうき)女流二段

棋譜中継はこちら
王位戦中継サイト

現地イベント情報はこちら
第55期王位戦イベント情報

-王位戦
-, , , , , , , ,

Copyright© オンライン将棋教室 香 , 2019 All Rights Reserved.