棋王戦

渡辺明二冠が棋王位防衛!

投稿日:

3月16日(日)に第39期棋王戦五番勝負第3局が行われ、85手で渡辺棋王が勝ちました。
これでシリーズ成績を3勝0敗とし、棋王位防衛となりました。

第3局の戦型は、後手の三浦九段が横歩取りに誘導しました。
昭和の将棋、と形容されるような、古い形の将棋になりましたが、先手の渡辺棋王は「玉が一マス隣りだったらどうだろう?」と、一工夫。
これで前例はなくなったとのことです。

拮抗した戦いの中、48手目△3八角と打ったところでは、素人目には「これを打たせて勝つなんて、さすが棋王!」と、驚きました。
ところが、感想戦によると、これを打たせない展開のほうが先手としては有力だったそうです。
この辺りで形勢は後手に傾き始めました。

そして、ハイライトは68手目。
ニコニコ生放送の塚田九段は、「ここまで2択なのも珍しい」と、おっしゃるほどの分岐点でした。
結論から言うと、△5一銀なら棋王防衛、△5一飛なら第4局へ、です。
三浦九段の選択は…。

最終手から投了までにかかった時間が、三浦九段の無念さを表すようでした。

棋王位を防衛した渡辺二冠は、これでタイトル獲得数が「13」になりました。
これは、歴代6位タイの記録です。
また、竜王位以外のタイトル初防衛でもあります。

王将戦で大一番の残っている渡辺二冠。
二冠堅持か、四冠誕生か、こちらも注目の一戦ですね。

-棋王戦
-, , , ,

Copyright© オンライン将棋教室 香 , 2019 All Rights Reserved.