メディア情報

プロ編入試験第3局

投稿日:

プロ編入試験に挑戦中の今泉健司アマ。
第2局も勝利し、プロ入りまであと1勝としました。

では、第2局を振り返りましょう。

プロ編入試験第2局-1

 
第2局は、今泉アマの先手。
もちろん、初手は▲5六歩でした。
これは、今泉アマ得意の中飛車戦法です。
対する星野四段は、序盤早々1筋の位を取りました。
超速▲3七銀戦法で升田幸三賞を受賞している星野四段ならではの序盤と言えそうですね。

プロ編入試験第2局-2

星野四段は中央から戦いを起こし、さらに飛車もそちらへ。
こうなると、△8四歩~△8五歩よりも、端の2手のほうが価値が高そうです。
ニコ生で解説の石田四段が「このあたりまで研究済みではないか」と、いう旨の発言をしていました。
どうやら、星野四段の研究手順のようです。

プロ編入試験第2局-3

今泉アマとしては、端の位を取られているので、早い戦いにしたいところ。
角交換を挑みましたが、お互いに打ち合ってゆっくりした流れになりました。
そして、星野四段が右金も使って押さえ込もうと力強い構想を見せます。
これに今泉アマが強く反発して、中央で激しい戦いが繰り広げられました。

プロ編入試験第2局-4

 
激しく戦った結果、リードしたのは今泉アマ。
玉の堅さと駒の働きで、明らかに先手がいいですね。
とくに▲6五桂は振り飛車党なら手がしなりそうです。

プロ編入試験第2局-5

 
今泉アマが終盤で見せた、相手陣の一段金。
通常では悪形の見本とされていますが、この場合は次の▲3一馬が厳しく、また一点狙いでもそれを受ける手がありません。
実戦は△7五角と打ちましたが、取ってもう一度▲6四角で完全に受けがなくなりました。

第3局は、三段リーグを1期抜けした三枚堂四段との一局です。
段々相手が強くなっていきますが、今泉アマには全力を尽くしてほしいと願っています。

プロ編入試験 第3局
今泉健司(いまいずみ・けんじ)アマ 対 三枚堂達也(さんまいどう・たつや)四段
2014年11月18日(火)
10:00~

動画ページはこちら
プロ編入試験 第3局 今泉健司アマ vs 三枚堂達也 四段

第3局は大盤解説会があります
「今泉健司アマプロ編入試験 大盤解説会」のお知らせ(日本将棋連盟)

-メディア情報
-, , , ,

Copyright© オンライン将棋教室 香 , 2019 All Rights Reserved.