次の一手・解答

次の一手問題解答・9

問題図はこちら

正解図

※便宜上先後逆

正解は、△6二金上です。

解説

相手の攻め筋は、7筋への殺到と、桂馬を入手して▲3六桂の両取りの2つ。
美濃囲いにこだわらず、上部を厚くする△6二金上がこの場合の受け方です。
△6二金上に対して▲7四銀と進まれてでも△7三歩(図2)と受けて問題ありません。

(↓正解図から△6二金上▲7四銀△7三歩と進んだ図2)

▲6五銀と引いてくれるなら、一息つけるので△3五歩とできます。
怖いのは▲7三同桂成ですが、△同金(図3)と取るのが▲8三銀成すら許さない受け方です。

(↓図2から▲7三同桂成△同金と進んだ図3)

図3以下、▲7三同銀成△同銀で、後手は7筋を守り切り、桂馬も渡していません。
これは後手成功です。

正解図に戻り、同じ金で受けるなら△6二金寄のほうが良いと思う方もいらっしゃるでしょう。

(↓正解図から△6二金寄と進んだ図4)

これには、▲7四銀△7三歩▲同桂成△同金▲同銀成△同銀と同じように進んだ時に違いが現れます。

(↓図4から▲7四銀△7三歩▲同桂成△同金▲同銀成△同銀と進んだ図5)

図5で▲7三同飛成が成立してしまうのが、△6二金寄の弱点です。
△7三同桂と取るしかありませんが、▲7四歩△8五桂▲7三歩成(図6)と平凡に進められると、違いがくっきり現れます。

(↓図5から▲7三同飛成△同桂▲7四歩△8五桂▲7三歩成と進んだ図6)

図6で詰めろを受けるには、手番を渡すか、駒損するかとなり、いずれも相手の攻めが続いてしまいます。
正解の△6二金上であれば、図6の局面で6一の金が5二にいる計算になり、△7二歩と駒損せずに手番を握れます。

この問題は相手がタテから攻めてきているので、美濃囲いにこだわらない思考の柔軟性が必要でした。
また、△6二金上と△6二金寄の違いまで読み切れれば高段者です。

他の問題はこちら

次の一手アイキャッチ画像

次の一手・問題

2019/10/12

次の一手問題・16

次の一手アイキャッチ画像

次の一手・問題

2019/9/25

次の一手問題・15

次の一手アイキャッチ画像

次の一手・問題

2019/9/8

次の一手問題・14

次の一手アイキャッチ画像

次の一手・問題

2019/9/1

次の一手問題・13

次の一手アイキャッチ画像

次の一手・問題

2019/8/23

次の一手問題・12

次の一手アイキャッチ画像

次の一手・問題

2019/8/18

次の一手問題・11

次の一手アイキャッチ画像

次の一手・問題

2019/7/18

次の一手問題・10

次の一手アイキャッチ画像

次の一手・問題

2019/7/16

次の一手問題・9

次の一手アイキャッチ画像

次の一手・問題

2019/7/6

次の一手問題・8

次の一手アイキャッチ画像

次の一手・問題

2019/6/30

次の一手問題・7

-次の一手・解答
-, , , , , , ,

Copyright© オンライン将棋教室 香 , 2019 All Rights Reserved.