次の一手・解答

次の一手問題解答・38

問題図はこちら

正解図

※便宜上先後逆
次の一手-38-2
正解は、△3三同金上です。

解説

 次の一手-38-3

正解図から▲3三同桂成で後手玉に必至がかかりますが、そこで△8七飛成(図1)が読み切りの好手。
対して▲8七同玉は△8六歩▲9八玉△8七金▲同金△同歩成▲同玉△8六歩▲同玉△8八飛▲8七歩△8五歩▲同玉△8七飛成▲8六歩△9四金が一例で詰みます。
代えて▲8七同金は△7九角▲9八玉△8六桂▲同金△8八金が一例で詰み。
8一の飛車と5七の成銀がいる形で、持ち駒に桂馬が加わると先手玉が詰むのがポイントです。

 

次の一手-38-4

桂馬を渡して自玉が詰めろになってしまった先手は、▲3三同桂不成と王手で金を取ってくることが予想されます。
それには△3二玉(図2)とかわして、後手玉は安泰です。
この逃げ道を開けるために、桂馬を3二の金で取るのが大切でした。
図2から▲5七角成と詰めろを外してきても、後手玉が安全になったので詰めろをかけて後手勝勢です。

 

次の一手-38-5

 
問題図に戻り、△3三同金寄は▲同桂不成△1一玉▲1二歩△同玉▲5七角成が一例で先手優勢。
△1一玉と逃げるのは▲1二歩△同玉▲2一銀△同飛▲5七角成(図3)と先手玉を安全にしつつ詰めろを続けられ、先手の勝勢となります。

 

この問題のポイントは、

  • 自玉まわりの攻め筋を正しく読めるか?
  • 速度計算が正確にできているか?
  • 何を持ったら詰むか?が分かっているか?

でした。

他の問題はこちら

次の一手問題-038

次の一手・問題

2020/7/21

次の一手問題・38

次の一手問題-037

次の一手・問題

2020/7/8

次の一手問題・37

次の一手・問題

2020/6/10

次の一手問題・36

次の一手・問題

2020/6/1

次の一手問題・35

次の一手・問題

2020/4/27

次の一手問題・34

次の一手・問題

2020/4/20

次の一手問題・33

次の一手・問題

2020/4/11

次の一手問題・32

次の一手・問題

2020/3/30

次の一手問題・31

次の一手・問題

2020/3/24

次の一手問題・30

次の一手・問題

2020/3/19

次の一手問題・29

-次の一手・解答
-, , , , , , ,

Copyright© オンライン将棋教室 香(おんらいんしょうぎきょうしつ きょう) , 2020 All Rights Reserved.