王将戦

第63期王将戦七番勝負第4局

渡辺王将に羽生三冠が挑戦している第63期王将戦七番勝負。
第3局は82手で羽生三冠が勝ちました。
1勝を返し、シリーズ成績を羽生三冠の1勝2敗としました。

戦型は矢倉でした。
後手の△5三銀右型から急戦調の将棋になりました。
後手が飛車先を伸ばした手に対して、先手は交換を甘受する指し方に。
これは、前期王座戦で両者が戦った形でもあります。
今回は、その先後逆を持っての戦いでした。

印象的だったのは、羽生三冠の飛車。
矢倉相手には深く飛車を引く方が攻めやすいというのに、△8五飛と中段に。
そして、△6二金型には割り打ちがあるので△8一飛がセットと思いきや、△8二飛と引きました。
いわゆる”場合の好手”で、セオリーだけでなく、それから外れたところの手を拾い上げるあたり、やはりトッププロの妙技と言えそうです。

最後は、ギリギリの攻めを通しきった羽生三冠が、貴重な1勝をあげました。
羽生三冠は第3局の後、朝日オープン戦の決勝でも渡辺王将に勝っているので、シリーズの星的にはまだ不利ですが、流れとしては互角に近いと感じます。

第4局は大きな一番となりそうです。
戦型予想は、矢倉としておきます。

第63期王将戦七番勝負第4局
渡辺明(わたなべ・あきら)王将 対 羽生善治(はぶ・よしはる)三冠
2014年2月18・19日(火・水)
9:00~
<弘前市民会館> 青森県弘前市大字下白銀町1-6
立会:藤井猛(ふじい・たけし)九段
副立会:行方尚史(なめかた・ひさし)八段

棋譜中継はこちら
毎日新聞ニュースサイト

現地イベント情報はこちら
第63期王将戦イベント情報

ニコニコ生放送はこちら
第63期王将戦 七番勝負 第4局(初日)渡辺明王将 vs 羽生善治三冠

第63期王将戦 七番勝負 第4局(二日目)渡辺明王将 vs 羽生善治三冠

-王将戦
-, , , , , , ,

Copyright© オンライン将棋教室 香(おんらいんしょうぎきょうしつ きょう) , 2020 All Rights Reserved.