女流名人戦

里見香奈女流四冠が女流名人を防衛!

里見香奈女流名人に清水市代女流六段が挑戦していた第42期女流名人戦五番勝負。
第5局は118手で里見女流名人の勝ちとなりました。
シリーズ成績を3勝2敗とし、女流名人防衛です。

では、第5局を振り返りましょう。

第42期女流名人戦五番勝負第5局-1

第5局は改めて振り駒が行われ清水女流六段の先手番になりました。初手は▲2六歩。
対する後手の里見女流名人は2手目△3四歩からゴキゲン中飛車にしました。
本シリーズの清水女流六段は金立ち戦法や右玉などレトロな対策が多かったですが、本局は超速▲3七銀戦法を採用。タイトルのかかる一局を最新定跡に託しました。

 

第42期女流名人戦五番勝負第5局-2

△3五歩と取られた手に対して▲同飛と取ったのが清水女流六段の工夫です。銀は4六に置いたまま右桂の活用を図ることを目指しています。
前例は▲同銀と銀で取っていて、以下、△5六歩と中央からさばきにかかってどうか?という展開になります。
他の方法としては▲6七金と中央の攻めに備えてから▲3五銀と出ていく指し方も考えられるようです。
この工夫がどうなるかが本局のポイントになりそうです。

 

第42期女流名人戦五番勝負第5局-3

「戦いの起こったところに飛車を振れ」のセオリー通り△3二飛と回った里見女流名人に対して、清水女流六段は飛車の居なくなった5筋から厚みを作りに行きました。
5筋を突き捨て▲5五歩と銀の頭に歩を打った瞬間に、△5七歩成と成り捨てたのが覚えたい手筋です。
▲同銀でも▲同金でも形が崩れ、直すのに一手かかるため、何もしないよりは効果的な一手になります。

 

第42期女流名人戦五番勝負第5局-4

 
5筋で厚みを作られた里見女流名人は2筋で動きを見せました。
戦う前に一回6三の銀を△5二銀と引き、離れ駒をなくしたのが落ち着いた一手。
いつでも大駒交換になりそうなので、自陣を引き締めて後顧の憂いをなくします。
ただ、控室の評価は先手持ちとのことです。

 

第42期女流名人戦五番勝負第5局-5

後手は玉が堅いので、駒がぶつかるのは歓迎です。ゆえに△4五歩と駒をぶつけていきました。
感想戦の清水女流六段によると「ここからはまずいです」とのこと。
本譜は▲同銀左と5六の銀で取りましたが、△3三桂から銀桂交換に持ち込まれて形勢を損ねてしまいました。
銀で取るなら4六の銀で、もしくは桂で取って△4四歩から取らせている間に態勢を整えるほうが良かったようです。

シリーズ全体を振り返ると、最新形以外の将棋に対応したり、相居飛車を志向したりと、まだまだ進化を遂げている印象のある里見女流名人。
今後の活躍も期待できますね。

里見香奈女流四冠、女流名人防衛おめでとうございます!

-女流名人戦
-, , , ,

Copyright© オンライン将棋教室 香 , 2019 All Rights Reserved.