次の一手・解答

次の一手問題解答・29

問題図はこちら

正解図

次の一手-29-2
正解は、▲8二飛です。

解説

次の一手-29-3

よくある美濃囲いの寄せ方は、すぐ8二に飛や金を打つのではなく、9三に捨ててから打つ駒を決めましょうというものが多いです。
しかし、この局面はすぐに打って寄せることができます。
正解図の▲8二飛から▲8一飛成(図1)が3手1組の寄せ方です。

 

次の一手-29-4

図1の▲8一飛成は詰めろです。(1例は、▲8二龍△8四玉▲7五銀打△8五玉▲8六歩△7六玉▲8八桂までの詰み)
△8一同銀と取ると、▲8五桂△8四玉▲7三角成(図2)と、7三に飛び込めるようになります。
以下、△8五玉▲8六銀△7六玉▲7七銀左△8五玉▲8六歩で詰みます。
つまり、これで受けなしとなります。

 

次の一手-29-5

他の寄せ方としては、正解図から▲9五歩もあります。
△2八龍と角を取られても▲9三銀(図3)の捨て駒で即詰みです。以下、△同玉▲9四歩△8四玉▲7五銀△8五玉▲8六飛が1例です。
この変化でも先手勝勢ですが、同じ詰めろなら、駒得できて玉の近くに龍を作れる▲8二飛を正解としました。

 
この問題のポイントは、

  • 角と桂のコンビで端に追い詰めた後、寄せ切れるかどうか?
  • ▲8二飛~▲8一飛成の3手1組を知っているかどうか?
  • 端玉には端歩も正解ながら、より良い詰めろを選べるかどうか?

でした。

他の問題はこちら

次の一手問題-039

次の一手・問題

2020/9/25

次の一手問題・39

次の一手問題-038

次の一手・問題

2020/7/21

次の一手問題・38

次の一手問題-037

次の一手・問題

2020/7/8

次の一手問題・37

次の一手・問題

2020/6/10

次の一手問題・36

次の一手・問題

2020/6/1

次の一手問題・35

次の一手・問題

2020/4/27

次の一手問題・34

次の一手・問題

2020/4/20

次の一手問題・33

次の一手・問題

2020/4/11

次の一手問題・32

次の一手・問題

2020/3/30

次の一手問題・31

次の一手・問題

2020/3/24

次の一手問題・30

-次の一手・解答
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© オンライン将棋教室 香(おんらいんしょうぎきょうしつ きょう) , 2020 All Rights Reserved.