王座戦

第62期王座戦五番勝負第2局

羽生善治王座に豊島将之七段が挑戦している第62期王座戦五番勝負。
第1局は、羽生王座が勝ちました。

では、第1局を振り返りましょう。

第62期王座戦五番勝負第1局-1

 
振り駒の結果、羽生王座の先手となりました。
豊島七段の2手目△8四歩に対して、羽生王座は矢倉▲3七銀戦法を採用しました。

第62期王座戦五番勝負第1局-2

 
このあたりは、まだまだ定跡の範囲内。
ここが一つの分岐点で、豊島七段は△9五歩と突きました。
これは、穴熊を警戒した指し方で、ここで▲9八香なら△9三桂~△8五桂と跳ねる含みがあります。
先手もここが分岐点で、宮田新手▲6五歩の他、最近は▲2五桂と仕掛けていく将棋が盛んに研究されているようです。

第62期王座戦五番勝負第1局-3

 
▲2五桂とすると、後手から強く反発してきます。
この自陣飛車は、平成10年に行われた名人戦で、佐藤康光八段(当時)の読み筋にあったものらしいです。
ここまでくれば仕方ない可能性がありますが、事前にこれで大丈夫と読んでいるところに凄みを感じます。

第62期王座戦五番勝負第1局-4

 
△6九銀までは前例があり、そのうちの2局は羽生王座が後手を持っていました。
「▲6八金引では、△5七銀不成があるので」と、ここで手を変えました。

第62期王座戦五番勝負第1局-5

夕食休憩前に、ここまで進みました。
そして、次に指された手は、△6六歩。
これが敗着とされました。
ここでは△3二金や△7一歩が有力で、変化は多岐にわたるので、詳細については中継サイトでご覧ください。
△6六歩以下、▲3一銀が厳しい一手で、羽生王座が勝ち切りました。

第1局から定跡の最先端で繰り広げられた戦いに、否が応でも次局以降の内容に期待してしまいます。
豊島七段の巻き返しに注目ですね。

第62期王座戦五番勝負第2局
羽生善治(はぶ・よしはる)王座 対 豊島将之(とよしま・まさゆき)七段
2014年9月18日(木)
9:00~
<強羅環翠楼>神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300
立会:大内延介(おおうち・のぶゆき)九段
記録係:梶浦宏孝三段

棋譜中継はこちら
王座戦中継サイト

現地イベント情報はこちら
第62期王座戦イベント情報

ニコニコ生放送はこちら
第62期王座戦五番勝負第2局 羽生善治王座 vs 豊島将之七段

素敵なPVもあります
第62期王座戦 羽生善治王座 vs 豊島将之七段 PV

-王座戦
-, , , , , , ,

Copyright© オンライン将棋教室 香 , 2019 All Rights Reserved.