Windows

Windows10でRC-S310を使うには?

Windows10でRC-S310を使うには?

先日、ICカードリーダーを使う手続きをすることに。
「そういえば、昔買ったっけ?」と、押入れを探したら出てきました。
SONYの「RC-S310」です。発売は2001年。よく残していたなぁ。

とりあえず、カードリーダーのUSBをWindows10に繋いでみました。反応はありません。困りました。
調べてみたら、 Windows8までは対応しているそうです。
さらに調べを進めたら、 Windows10でも使えるとのことなので、やり方をまとめておきます。

 

使えない原因は?

ドライバのバージョンが違うからです。

 

使えるようにするには何をするの?

ドライバのバージョンを変えるには、3つの手順を踏みます。

step
1
ツールを2つダウンロードする

  • 「NFCポートソフトウェアリムーバー」
  • 「NFCポートソフトウェア(Version 5.4.8.6)」

の2つを使います。
SONYのサイトからダウンロードしておきましょう。

step
2
リムーバーを起動する

カードリーダーのUSBをパソコンに繋ぐと、最新ドライバがインストールされます。
まずはそれをリムーバーで削除します。
Windows10でRC-S310を使うには?

step
3
対応するドライバをインストールする

次に、「NFCポートソフトウェア(Version 5.4.8.6)」をインストールします。
Windows10でRC-S310を使うには?

これで使えるようになりました。

 

まとめ

SONYのRC-S310はWindows10で使えます。ただし、マイナンバーカードは使えません。(RC-S330以降のモデルなら利用できる)
「Edy Viewer」や「WAONネットステーション」など電子マネーを使う予定がなければ買い替えを検討することになりそうです。

マイナンバーカード対応ICカードリーダー/ライター。FeliCaの各種サービスやe-Taxが可能。電子マネーの残高確認やネットショッピング、交通系ICカードの利用履歴や残高確認ができる。

-Windows
-, , , , , , , , , ,

© 2022 オン香講師の将棋教室以外の話