オンライン将棋教室 香は、日本将棋連盟公認の将棋指導員が運営する、インターネット上の将棋教室です。

講師紹介

久保 勲
オンライン将棋教室 香 講師
1981年生まれ
2011年 公益社団法人日本将棋連盟公認将棋指導員
2015年 第44回 全国支部将棋対抗戦 新潟県代表
同 年  いっぽ どうぶつしょうぎを育てる会 メンバー
2017年 第46回 全国支部将棋対抗戦 新潟県代表

 

将棋連盟のホームページにも記載されています。
指導員一覧

 

 

「いつでも、いくつでも、”本気”に出会える将棋の普及」
を、信念して活動しております。
私自身、将棋からその年代に応じてたくさんのことを学びました。
この素晴らしい日本の伝統文化である将棋を、ぜひ多くの人に伝えていきたい。
そのような想いから、このサイトを立ち上げました。

 

私が将棋を覚えたのは、羽生さんが七冠を達成した年。
ちょうど周りで将棋が流行っていたこともあって、友達に教えてもらいました。
最初は勝ったり負けたりの日々。やはり負けると悔しいもの。
そうしているうちに「これは面白いなぁ」と、将棋に興味を持ち、本屋さんで初めて将棋の本を買いました。

 

本を読むというのはとても効果的です。
買って勉強したら、友達の中ではすぐに勝てるようになりました。
ちょうど同じ時期に将棋の大会があることを知り、大人に交じって参加するようにもなりました。
初めての大会の成績は2勝3敗。
全敗しなかったのは、本を読んで勉強していたからだと思います。
そうやって、本を読んでは大会に出て、負けては本を読んで……という日々が続きました。

 

ところが、あるレベルに行くと、壁にぶつかります。
インターネットで将棋が指せることを知り、さっそく登録しました。
地方では、なかなか実戦を指す場所がありませんから、とても便利なものです。
最初のうちは勝ったり負けたりと楽しくできていたのですが、あるところからまったく勝てなくなりました。
レートは落ちる一方、勝率も5割を切るように。
あまりの負けっぷりに、悔しさを通り越して、呆れるばかり。
「どうして勝てないんだろう…いっそ将棋を辞めてしまおうか」
そんなことが頭をよぎりました。

 

転機になったのは、全国大会出場経験者との出会いでした。
「なかなか強いですね。一緒に研究会をしませんか?」
今まで本でしか勉強したことのなかった私が、直接高段者から習うことのできた貴重な経験でした。
なにが違うって、すべてが違うのです。
一人で本を読むということは、自分がある視点でしか見なければその側面しか見えず、大事な部分を見落としている可能性もあります。
いろいろ話を聞くうちに、そんな可能性があるんじゃないかと感じることができたのです。

 

早速、私は持っている棋書をすべて読み直しました。
今までの私は、一度読んだ本を読み返すのは無駄、と思っていたので、読み直すのは苦痛でしかありません。
しかし、新しい視点を持って読むと、今まで気がつかなかったことが分かるようになります。
「あぁ、そっか、そういうことか!」
何度、この言葉を繰り返したことでしょうか。

 

おかげでネット将棋のレーティングも上がり、大会でも安定して勝てるようになりました。
免状も四段を推薦していただきましたが、ひとつ控えて三段を取得することに。
そして、将棋の楽しさや奥深さを知り、一段と将棋が好きになりました。
また、周りから「将棋を教えてください」と、言われることが多くなり、自分の対局にギャラリーが多くつくことも増えました。
そうなると恥ずかしい将棋は指せないので、自分の将棋に責任感を持つようにもなります。

 

ふと思い返すと、つくづく高段者から直接習ったことが大きかったと思います。
私のように地方に住んでいると、なかなかそういう機会に恵まれることはまれでしょう。
ほんとにラッキーでした。

 

やる気はあるのに、そういうチャンスに恵まれない方のために、オンライン将棋教室 香を開くことにしました。
時間には限りがあります。ですから、私のように遠回りしてほしくないのです。
ぜひ、一直線に有段者までの道を歩きましょう!
そのお手伝いをさせていただきます。

 

 

← 前のページ トップページ  次のページ → 教室の特徴

    このエントリーをはてなブックマークに追加



講師紹介 教室の特徴 レッスン時間・予約表 料金 レッスンのお申込 お問い合わせ